月別アーカイブ 3月 2020

鍼灸治療と免疫

まだまだ新型コロナウイルスが世間を騒がせております。

この新型コロナウイルスですが、高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方は重症化しやすい傾向にあるようです。(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html より一部転載)

また、死亡までに至る期間についてはイタリア国立衛生研究所が公表した文書によると、感染者が最初の症状を見せ入院するまで4日間かかり、さらに4日後に死亡。犠牲者の平均年齢の中央値は80.5歳で、感染者の場合は63歳とのことで、イタリア政府によると、死亡者の大半は新型コロナに感染する前、2つあるいは3つの持病を抱えていたことが判明。中でも高血圧が最も目立ち、心臓疾患や糖尿病が続いているそうです。(https://www.cnn.co.jp/world/35151165.html より一部転載)

鍼灸治療では運動器疾患のみでなく、こういった内臓の疾患や、血圧に対しての治療でも効果を発揮します。

特に高血圧に関しては、原因疾患にもよりますが本態性高血圧に対しての治療にはよく効果が見られ、治療時に血圧が下がり、治療後もそれが継続することがあります。

また、鍼灸治療によって体内の免疫機能に影響を及ぼすことは多数の研究が行われ、学会などで発表されてきました。

j-stageの「鍼灸治療効果の研究」検索結果へのリンク

水際対策、外出自粛など罹患しないための心得はメディアで毎日のように放送され、病気に対しての不安は大きくなる一方ですが、新型コロナウイルスに罹患しても重症化しないために、毎日自宅で自分でできるお灸はその不安を少しでも軽減できるのではないでしょうか。

長野式kiikoスタイルの免疫治療はもちろんのこと、上記の論文ではそれ以外の部位への鍼灸刺激でも免疫細胞に対する効果があることが書かれています。

ご自宅に余っているお灸があれば、こういう時にこそどんどんお灸して、元気になりましょう!

元気になろう

感謝しております。中宿玄晏堂鍼灸院です。
皆さまお元気に過ごされていますか?

今日はとある活動をお知らせします。
お時間のある方は是非最後までお読みいただけたら嬉しく思います。

元気にする鍼灸師がいる鍼灸院をご紹介するマップ(地図)をつくりました!

わたしたちの身体には自分を守る防護機構があります。
ウイルスや細菌が入ってきたときに最前線で戦ってくれる頼もしい味方です。
そこが弱体化していなければかなり多くの病を防げるし、早く治すことができます。今まさに必要とされているのがこの<守る力>です。
マスクや消毒の物理的な力だけでなく、最終的には自分自身の<守る力>にかかっています。

当院の治療スタイルである長野式kiiko styleという鍼灸治療法はその<守る力>を高めることができます。
そしてその治療ができる鍼灸師を一人でも多くの人に知ってほしい。なぜなら知ってもらえれば知ってもらえるほど、元気が広がるから。

そこでわたしたちは動きました。
だってわたしたち鍼灸師は治療家だから。治療家が頑張るときです。
元気を広げたいんです。
そんな熱い思いを持った仲間たちを紹介するマップ(地図)です。
是非一度覗いてみて下さい。

あなたと、あなたの大切な人を元気に

https://senkotakahashi.wixsite.com/menneki-map

4月の営業のお知らせ

感謝しております。中宿玄晏堂鍼灸院です。
先週は春のポカポカ陽気と思えば雪が降り、季節を行ったり来たりしていましたね。季節の変わり目は体調を崩される方が多いですから、体の管理はしっかりしましょう。

4月の休診日は4月4日(土)、4月5日(日)、4月6日(月)、4月11日(土)です。

土曜日の休診が多くなっています。ご迷惑をおかけします、申し訳ございません。

新型コロナウイルスの拡大が長期になると見込まれています。いつまでも自粛とはいかなくなってくると思います。そのときに自分の身体は自分で守らなければいけません。私たち鍼灸師はそのお手伝いができると思っています。
下記のリンクでは、そんな元気にする人たちの紹介ページです。
鍼灸師が日本を元気にするために一生懸命作りました。
自分を守るため、大切な人を守るため。是非参考になさって下さい。

https://senkotakahashi.wixsite.com/menneki-map

患者さんから患者さんへ

感謝しております。中宿玄晏堂鍼灸院です。
当院では待合室にアンケートを置かせていただいています。
内容は患者さんから患者さんへのメッセージ(体験談)になっています。
というのも、鍼灸治療ってまだまだ馴染みのないものですし何に効くのかも分からない。そんな方が多いと思います。
そこで、実際の体験談を通して知っていただきたいんです。
「あ、私と似たような症状だ。」とか「最初はこの患者さんも鍼灸受けるの怖かったんだ」とか。身近に感じていただけたら嬉しく思います。

前置きが長くなってしまいましたが、その一つを今日はご紹介します。

こちらの患者さんは胃痛とともに、空腹感を久しく感じていませんでした。
時間が来たら食事をする。同じ食べ物でもお腹が空いて食べるのとそうでないのとは感じ方も違いますよね。「あー!お腹すいた!いただきます!」って食べたくて食べてほしい!おそらく空腹感が出てくれば胃痛も治るだろうなと思っていました。

こちらの方は、アトピーの治療で幼少期に使用していた強いステロイドへの治療がメインでした。それに加えて体の緊張を落ち着かせるような治療。肩こりも一緒に改善。
え?そこ?って思いますよね。

胃腸が悪いと言っても、原因は様々。目の酷使や食生活の乱れ、ムチウチ、薬物、免疫力の低下などなど。一人ひとり違います。治療法もオーダメイドです。
美味しく食べて、しっかり消化することは大事なことです。
なんとなくやり過ごしちゃだめですよ。自分の体に責任を持ちましょう。

最後まで読んでくださってありがとうございます。患者さんからのメッセージが伝わりますように。
今日はいいお天気、きれいな夕日が見れそうですね〜!
さあ、夕方の治療いってきます!