五十肩の鍼灸治療

五十肩の鍼灸治療

五十肩、四十肩は40,50とあるように中高年の人に多い、肩の痛みのことを指しています。正式な病名としては肩関節周囲炎です。

これは原因不明のことが多く、肩関節周囲組織(骨、軟骨、靱帯、腱)の退行変性(老化)を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認めるもので、実際には「髪を触ろうとすると痛い」「後ろに手が回らない」「洗濯物を干すのが辛くなった」「夜中寝ているときに痛い」などの症状を訴えます。

日頃よく使う(家事や荷物を持ったり)ということや、部位的に組織が複雑に入り組んでいるところなので、「炎症が起こりやすい」とされていて、整形外科では痛み止め、湿布などが処方されます。しかしこれではなかなか改善しないという方が鍼灸院に来られます。

「老化ならもう治らないのか?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そうではなく、患者様の声を聞いていると「なるべく動かすようにしていたら治った」「お灸したら治った」「だんだん慣れてきて気づいたら痛くなくなっていた」など「一時的に辛いもので、いつかは治るもの」という印象です。

過去に来院されたある方は「右肩が一定の位置まで動いたときに痛い」、「夜寝ていると耳の奥から首すじ、肩にかけていたくなる」という症状でしたが、1回目の治療後数日してから夜の痛みがなくなり、2回目の治療後、動かした時の痛みは無くなりました。発症してから3,4ヶ月ずっと痛かった肩が手、足、背中などの鍼灸治療によって短期間で改善されました。

今回のケースの体の問題点は「肺」と「過去のトラブルからくる体の右側の歪み」でした。それらを当院の長野式kiikoスタイルで治療したところ著効しました。西洋医学的には「肩にある炎症のせいで痛みが出ている」と捉えるかもしれませんが、東洋医学では「五臓のバランスが崩れるせいで症状が出る」や「体の弱点部位があるのでそれに関連したところに痛みが出る」といった捉え方をするので、患部を治療することは少ないです。

東洋医学の五行図

もちろん患部の治療で治ってしまえば早いのでとても良いことですが、それで良くならない場合は一度、全身を診て治療することをオススメします。痛みが長引くと関節の袋が線維化したり、肩関節の拘縮が起きて動く範囲が少なくなってしまったり、普段動かせなくなるので腕の筋肉が落ちてしまって片腕だけ細くなってしまったりなどあるので早めに痛みを取りたいところです。

西洋医学的に「糖尿病」「甲状腺機能亢進症」「甲状腺機能低下症」「心臓病」の方は五十肩になりやすいということがあります。当院ではよく患者様に「症状のあるうちは甘いものは控えて下さい」と伝えますが糖尿病でなくても甘いものを摂取する機会が多いと五十肩も含め、色々な病気になるきっかけになりますのでご注意下さい。

著者について

tanaka

tanaka administrator

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。