当院で使われる鍼の特徴

当院で使われる鍼の特徴

当院で使われる「鍼、お灸」について

 

鍼は刺す場所によって、太さ長さを使い分けております。

多くの場所で、刺す深さは5mm〜1cm程度で、刺入後の激しい手技などは行いません。

玄晏堂で行われる鍼治療は鍼特有の「ひびき感」を必要としません。

敏感な場所の鍼は刺痛感が少ないようにセイリンのJSP、J15SPタイプを使用しております。

先端加工

 

鍼の太さ

 

鍼の刺痛感は小さい頃から病院でする注射と同じイメージを持たれて、とても痛いものだと思われいるかたが少なくありません。

病院で使われる注射針は血液などを取る時、赤血球などを壊さない為に針の中心に空洞があるため、ある程度の太さが必要なので強い痛みを感じることがあります。

ですが、鍼灸治療で使われる鍼は血液を取ったりはもちろんしないので、採血の針に比べて5分の1程の太さになります ※1番鍼と21ゲージ針の比較

針は細ければ細いほど刺痛感が少ないので、蚊に刺されたとき痛みを感じる方ほとんどいないと思われます。(蚊の針のメカニズムの事もありますが。)

蚊の針は、鍼灸の1番鍼より2分の1ほどの細さなので、鍼灸の刺痛はまったくないとは言い切れませんが、技術の進歩によってそれは採血の針よりかなり軽減されます。

さらに日本の鍼治療の多くは刺痛を軽減する方法として鍼先端のことだけではなく古くから管針法という技法が用いられています。

鍼の滅菌、消毒

 

玄晏堂で使われる鍼はすべて、ディスポーザブル(使い捨て)の鍼によって治療をします。

なので、使い回しによる血液感染などのリスクはありません。

 

 

鍼は全て生産過程で洗浄、滅菌され、現場で使用期限を守り、クリーンな状態で使用されています。

 

 

 

著者について

tanaka

tanaka administrator

コメントを残す