花粉症をちゃんと治す

花粉症をちゃんと治す

感謝しております。
中宿玄晏堂鍼灸院です。

菜の花や川津桜が咲き、いよいよ春がやって参ります。
今年の冬は寒かったですからね、ポカポカ陽気が来るのが待ち遠しいです!
道ばたの花も蕾が膨らみ始め、命が動き出すエネルギーを感じます。なんだかわくわくしますね。

植物たちが活発になる季節ですが、ここで皆様お困りなのが花粉症。
今や国民の40%近くが発症している国民病です!
電車の中でもズルズルと鼻をすすっている方多いですね。
春は植物だけじゃなく、私たち人も動き出す季節ですからね。身体を元気にしてあげなきゃだめです。

花粉症は鼻や目の症状だけでなく、頭がボーッとしてシャキッとしなかったり頭痛を訴える方も多くいらっしゃいます。
慢性副鼻腔炎の方にも同じような症状を訴える方が多いです。
お薬飲むと楽だけど眠くなってしまう。そもそも飲み過ぎて効かなくなってきてしまったなんて方も。

花粉症は自分にとっての異物である花粉をくしゃみや鼻水、涙を使って外に出そうとするわけです。
免疫細胞が働き過ぎちゃうんですねぇ。
よく耳にする”免疫力を高める”は「適切な働きを必要なタイミングで正常に発揮してくれる」ということです。

免疫力が下がる原因は様々です。生活習慣や加齢、冷え、外傷(ケガや手術)、ストレス等々。
今日から出来る花粉症対策としては
甘いもの、乳製品(腸内環境を乱し、免疫力低下!)を避ける
・東洋医学的に鼻と関係のあるおへそを重点的に温める

生活習慣は今からでも変えていけますが、外傷となると難しいですよね。
しかもこの外傷というのも、あなたがお腹にいるときから現在にいたるまでです。
幼少期に転んで出来た眉の傷が原因だった!なんてこともあります。
発症の元になったり、きっかけになるのが外傷です。
これは東洋医学独特の見方になっていきますので、私たちプロにお任せ下さい!
一人一人に合わせた養生もきちんとお伝えします。

彩り溢れる季節です!身体をしっかり元気にして、春を堪能しましょう!💐

著者について

松下

松下 administrator

コメントを残す