月別アーカイブ 3月 2018

期間限定キャンペーン

感謝しております。中宿玄晏堂鍼灸院です。

町中では花々が咲き、色鮮やかになりましたね!
4月を迎え、新たな一歩を踏み出すかたや、それを迎えるかた。
春には沢山の 新しいこと がありますね。

そんな季節はいつもより少し肩に力が入りがちです。
新しい環境となると、ワクワクしつつも何となく鬱々としてしまったり。
この時期独特の”なんとなく”という症状、結構多いんですよ😉

そこで、当院も 新しいこと 始めます!
4月限定のキャンペーンです!
*キャンペーン内容*
治療費1回 5000円
4000円
*対象者*

当院に初めてご来院の方で
①当院の患者様からのご紹介の方

②このブログでキャンペーンを知って下さった方

ご予約の際にその旨をお伝え下さい

こんな症状に鍼灸は効くの?など様々な疑問もあると思いますので、まずはお気軽にご相談下さい!
📞TEL042-313-5608

当院で使われる鍼の特徴

当院で使われる「鍼、お灸」について

 

鍼は刺す場所によって、太さ長さを使い分けております。

多くの場所で、刺す深さは5mm〜1cm程度で、刺入後の激しい手技などは行いません。

玄晏堂で行われる鍼治療は鍼特有の「ひびき感」を必要としません。

敏感な場所の鍼は刺痛感が少ないようにセイリンのJSP、J15SPタイプを使用しております。

先端加工

 

鍼の太さ

 

鍼の刺痛感は小さい頃から病院でする注射と同じイメージを持たれて、とても痛いものだと思われいるかたが少なくありません。

病院で使われる注射針は血液などを取る時、赤血球などを壊さない為に針の中心に空洞があるため、ある程度の太さが必要なので強い痛みを感じることがあります。

ですが、鍼灸治療で使われる鍼は血液を取ったりはもちろんしないので、採血の針に比べて5分の1程の太さになります ※1番鍼と21ゲージ針の比較

針は細ければ細いほど刺痛感が少ないので、蚊に刺されたとき痛みを感じる方ほとんどいないと思われます。(蚊の針のメカニズムの事もありますが。)

蚊の針は、鍼灸の1番鍼より2分の1ほどの細さなので、鍼灸の刺痛はまったくないとは言い切れませんが、技術の進歩によってそれは採血の針よりかなり軽減されます。

さらに日本の鍼治療の多くは刺痛を軽減する方法として鍼先端のことだけではなく古くから管針法という技法が用いられています。

鍼の滅菌、消毒

 

玄晏堂で使われる鍼はすべて、ディスポーザブル(使い捨て)の鍼によって治療をします。

なので、使い回しによる血液感染などのリスクはありません。

 

 

鍼は全て生産過程で洗浄、滅菌され、現場で使用期限を守り、クリーンな状態で使用されています。

 

 

 

番外編:沖縄 

感謝しております。仲宿玄晏堂鍼灸院です。

雪の降った春分の日を終えて 笑
やーっと暖かい春到来ですね!桜も一気に咲き始め、カメラが趣味の私はうずうず。ほぼ毎日バッグにカメラ潜ませています📷

今回はがっつり観光部分を載せていこうと思います!お時間のある方は、しばしおつきあいくださいませ☺

沖縄最初の観光(?)は『鍼灸院KONRON』
今回沖縄に呼んでくださった、当院と同じ治療法の先生です。待合室や治療室には患者さんへの思いやりが溢れていました。入ったときに何となく いいな と感じるのは。そんな先生の思いが細かい所で感じられるからでしょうね。ご家族、お知り合いが沖縄にいらっしゃる方はぜひ一度足を運んでみて下さい。自信を持ってお勧めできます。元気になりますよ!

治療院から移動しまして沖縄そばのお店へ。
『謝苅(ジャーガル)そば』というお店。窓際の席からは沖縄の町並みや海が見えます。
こちらはミックスそば。お肉好きにはたまりません!

お腹いっぱいになったところで『ガンガラーの谷』へ
沢山の植物が生い茂っていますが、数十万年前までは大きな鍾乳洞だったようです。

こちらはガジュマルの木。当院の受付にも小さいものが置いてあります。
なんとこのガジュマルの木、歩くんです!
上に伸びている気根が何本も絡まりながら幹となり根を張ります。すると古い幹は腐って無くなってくそうです。
何百年後、私達の子孫が見に行ったら違う場所にいるかも知れないんです。自然ってすごいなぁ。

まだ鍾乳洞の部分も残っています。
ツアーガイドさんのお話しを聞きながらゆっくりと探検していきます。
自然の中にいるのは本当に気持ちが良いですね!
古代人の発掘調査場所も見ることが出来ます。

そしてそして、最大の見どころ 森の賢者「ウフシュ ガジュマル」
これがもう反り返るほど大きいんです!推定樹齢150年。
「長く生きてるといろいろあるよね、まあどーんとしとけよ。」と言われているみたいでした。
自然から学ぶことはとても多い。

たくさん歩いたので『浜辺の茶屋』へ


私たちは木の生い茂る中にある席へ(分かりにくくてすみません)
ゆっくりと海を眺めながらお茶が出来ます。
ちなみに私はハイビスカスティー…と沖縄だからという言い訳を付けて甘いものもいただきました。
お天気がとても良かったのでこんな素敵なサンセットも!
浜辺に降りることも出来ます。

にゃんこもゆるゆるとお店番。
「また来るといいニャ」

沖縄の鍼灸師さん、学生さんの熱意を感じ
沖縄の自然のパワーを感じ。
とても充実した、学び多い時間をいただきました。
お休みを頂きご迷惑をお掛けしましたが、吸収してきたものをしっかりと還元して参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。

4月の営業のお知らせ

感謝しています。中宿玄晏堂鍼灸院です。
4月の営業のお知らせです。

*お休み*
4月8日(日)  4月9日(月)  4月22日(日)

*時間変更*
4月14日(土) 最終受付11:00まで

また、4月は鍼灸師の担当曜日が変則的になっております。
お手数をお掛けしますが、ご予約の際にご確認下さい。

鍼灸を受けてみたいかたへ

感謝しております。仲宿玄晏堂鍼灸院です。

3月10日〜3月12日まで、当院はお休みをいただいていましたが
実は沖縄の鍼灸師さん、学生さんに鍼灸の治療法を伝えに行っていました!

さすが沖縄、透明度がすごい〜

一口に鍼灸といっても概念や考察、治療手順、使用する道具まで様々な方法があります。鍼灸師の数だけあるといってもいいほどです。
ですので鍼灸を受けた経験がある方でも、当院の治療を新鮮に感じられる患者さんがとても多いです。

当院では、とくにお腹の反応をみて治療していきます。お母さんのお腹にいる時から現在まで、どんな人生を歩んできたのかを見ることができます。この治療法は身体が治っていく過程を体験していただけるので、ありがたいことに楽しみながら受けてくださる患者さんが多いです。

鍼灸はどうしても痛い!熱い!というイメージがありますよね。
しかし実際は「え、今刺さっているの?」と聞かれるほど弱い刺激です。お灸に関しても、気持ちいい〜と言っていただいています。
そして私は注射にビビる鍼灸師です 笑 毎日自分は鍼刺すくせに。

鍼灸治療は肩こり・腰痛・膝痛だけではありません。
生理痛や生理不順、頭痛、消化の不調、花粉症、うつ、なんとなく怠い等々。
挙げればキリが無くなりますが、
私の拙い経験でも鍼灸治療で治っていく病気や症状を何度も目の当たりにしています。時には施術者の私も驚く変化も。
鍼灸はリラクゼーションではありません、治療です。
症状を抑える治療ではなく、根本から身体を元気にする治療です。
例えば症状が右の肩関節痛。左に出ても、もしくは両方に症状が出ていてもいいですよね。実は”右”にもちゃんと意味があって、それがお身体のサインでもあるんですよ。こういった場合、肝臓の治療をしたら治っちゃった!昔やった盲腸の傷を治療したら治っちゃった!などなど。
必ずしも症状が出ている場所そのものが悪いわけではないんです。身体が症状を出してしまう原因やきっかけを治していきます。

頑張り屋さんで、周りを大切にされる患者さんがとても多いです。
でも大切にすることの中に、ちゃんと自分を入れてあげて下さいね。
一歩踏み出していただければ、全力でお応えしますからね。我慢はしちゃだめですよ。
今日まで頑張ってきたあなたは偉い!ちょっときゅうけーい!です。

3月の営業②

感謝しております。仲宿玄晏堂鍼灸院です。

 

明日3月17日(土)は、最終受付時間が11時となります。先日に引き続き直前のお知らせになってしまい、申し訳ございません。

若干ではありますが、予約枠に空きがございます。お電話よりご予約お待ちしております。

花粉症をちゃんと治す

感謝しております。
中宿玄晏堂鍼灸院です。

菜の花や川津桜が咲き、いよいよ春がやって参ります。
今年の冬は寒かったですからね、ポカポカ陽気が来るのが待ち遠しいです!
道ばたの花も蕾が膨らみ始め、命が動き出すエネルギーを感じます。なんだかわくわくしますね。

植物たちが活発になる季節ですが、ここで皆様お困りなのが花粉症。
今や国民の40%近くが発症している国民病です!
電車の中でもズルズルと鼻をすすっている方多いですね。
春は植物だけじゃなく、私たち人も動き出す季節ですからね。身体を元気にしてあげなきゃだめです。

花粉症は鼻や目の症状だけでなく、頭がボーッとしてシャキッとしなかったり頭痛を訴える方も多くいらっしゃいます。
慢性副鼻腔炎の方にも同じような症状を訴える方が多いです。
お薬飲むと楽だけど眠くなってしまう。そもそも飲み過ぎて効かなくなってきてしまったなんて方も。

花粉症は自分にとっての異物である花粉をくしゃみや鼻水、涙を使って外に出そうとするわけです。
免疫細胞が働き過ぎちゃうんですねぇ。
よく耳にする”免疫力を高める”は「適切な働きを必要なタイミングで正常に発揮してくれる」ということです。

免疫力が下がる原因は様々です。生活習慣や加齢、冷え、外傷(ケガや手術)、ストレス等々。
今日から出来る花粉症対策としては
甘いもの、乳製品(腸内環境を乱し、免疫力低下!)を避ける
・東洋医学的に鼻と関係のあるおへそを重点的に温める

生活習慣は今からでも変えていけますが、外傷となると難しいですよね。
しかもこの外傷というのも、あなたがお腹にいるときから現在にいたるまでです。
幼少期に転んで出来た眉の傷が原因だった!なんてこともあります。
発症の元になったり、きっかけになるのが外傷です。
これは東洋医学独特の見方になっていきますので、私たちプロにお任せ下さい!
一人一人に合わせた養生もきちんとお伝えします。

彩り溢れる季節です!身体をしっかり元気にして、春を堪能しましょう!💐

3月の営業

いつもお世話になっております。

アップするのを忘れてしまっていて大変申し訳ないのですが、

本日3月12日(月)は臨時休業とさせていただきます。

 

ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございません。

3月14日(水)より通常通り営業致します。