鍼灸治療を受ける前に

鍼灸治療を受ける前に

鍼灸治療とは

鍼灸治療は身体に沢山点在するツボを鍼や灸で刺激し、ツボの効果を使って身体を良い状態にしていくための治療です。

ツボは科学的にすべて証明されているものではありませんが、皮電点や良導絡の研究などでは「ある」とわかってきているものです。

皮膚電気抵抗

皮膚に電流を通じたとき、体表部位に生ずる電気抵抗をいう。皮膚に弱い電流を流すと、電流は、発汗しているときにはおもに汗腺(かんせん)を通り、発汗していないときは毛嚢(もうのう)(毛包)腔(くう)を通るとされる。この毛嚢と交感神経系との関係に焦点を当ててみると、発汗していないときは皮膚の電気抵抗は減弱するが、交感神経の興奮が高まると立毛筋が収縮し、皮脂の分泌が促進され、電流の流れがよくなる。人体の皮膚上には、こうした電流の流れやすい点状部位があり、その大きさはほぼ母指頭大である。また、この点状部位を線状に結ぶと、電流の流れやすい絡状のパターンが描ける。京都大学生理学教室では、この絡状パターンを良導絡、点状部位を良導点と名づけ、それぞれが内臓機能と密接に関係するとした。その後、中谷義雄(よしお)は、良導絡・良導点は古来の「臓腑(ぞうふ)と経絡経穴現象」と深くかかわると述べ、「良導絡治療」という新しい鍼灸(しんきゅう)治療を提唱した。この良導絡・良導点の探索用器具をノイロメーターとよぶ。
これに対して、金沢大学病理学教室(石川太刀雄(たちお)教授)は、「皮膚‐血管反射」の理論を基に、皮膚の電気抵抗の減弱点を次のように説明した。すなわち、「脊髄(せきずい)分節‐皮膚節」を介して、内臓の異常が皮膚の細小動脈の血管調節機構に投影する結果、血管収縮・皮膚の栄養障害―滲出(しんしゅつ)性変化(水腫(すいしゅ))―半壊死(えし)が出現し、減弱点となるというのである。石川は、減弱点を皮電点とよび、その大きさは0.5ミリ程度とした。そして、皮電点は経絡経穴現象とよく似た部位に現れやすいが、漢方古典の説く理論とは一致しないという。この皮電点探索のための計器を皮電計とよび、臨床的に広く活用されている。[芹澤勝助]

※コトバンク「皮膚電気抵抗」から抜粋

上記にあるように、ツボは内臓に対して働きかける作用があると考えられています。

鍼灸の適応疾患をネットで調べた時に内科的な症状が出てくるのはそのためです。ツボについてはこちら

 

中宿玄晏堂鍼灸院の鍼灸治療の流れと特徴

お身体の状態によっては治療期間が長くかかることもあれば、2,3回で良くなるかたもいらっしゃいます。それはやはり、身体は普段の生活様式や、養生にもかなり左右されますので、それらについても適切なアドバイスや健康管理をさせて頂けたらと思います。

また長野式kiikoスタイル鍼灸では、現在の症状の前にお身体全体やその他の状態の把握が必要になります。

古い病や、気付かないところでのお身体の負担、ご家族の既往歴などもお聞きして、治療に取り入れていきます。

 

鍼灸治療の流れ

STEP1.電話で鍼灸のご予約をお取り下さい

ご相談でもよろしいので、まずはお電話いただけたらと思います。鍼灸治療で広く認識されているものは「腰痛や肩こりの時に!」という方が多いかと思われます。当院の鍼灸治療は腰痛や肩こりが起きている原因を探し、原因となる問題に対し鍼灸を行うものです。「こういう症状なんだけど、どうだろう?」という疑問で構いませんので、お気軽にお電話ください。日本鍼灸師会に記載されている適応疾患はこちら

 

STEP2.問診票を記入して頂き、お話しを伺います。

問診票には生まれた時から現在に至るまでのケガや病気、嗜好品、ご家族の既往歴などを書く欄がございます、当院にいらっしゃる前に知れる範囲で良いので、ご家族に聞いて頂いたり、情報が少しでもあるとありがたく思います。もちろん何もない方でも、思い出せないということでも問題ありません。治療中の問診や、ツボの反応を見て判断してわかることもあります。問診票のPDFサンプルはこちら

 

STEP3.脈診、腹診などの切診にて状況を判断します

切診とはお身体に直接ふれて、判断する方法のことを言います。脈診は橈骨動脈をみること、腹診はお腹の圧痛点をさがしたりすることです。これらの情報から今の症状に至っている原因の可能性を探ります。また、過去のケガや手術はもちろんですが、歯の治療やお薬などによる過去の治療の一環のものが現在の症状の原因になっている可能性もあります。そういった情報も頼りになりますので、ドンドンご相談ください。長野式kiikoスタイルの特徴についてはこちら

 

STEP4.自宅でできる温熱療法やツボ刺激、食養生の説明

治療の中で今のお身体の状況によく効いてくれるツボ。また、原因となっている可能性のある問題に対してのツボ。その他自宅で行った方が良い、気を付けた方が良い養生などなど、わかってくることがいくつかありますので、それらを説明させていただいて治療の終わりとさせていただいております。古い時代には鍼灸師の元で治療を受けた後、終わりに「灸点」をおろしてもらうということが行われていました。当院でもご自宅でのお灸養生を推奨しております。お灸についてはこちら

 


 

中宿玄晏堂鍼灸院では、今の症状を改善させるだけでなく、過去にあった問題点や弱点となっている場所を探してツボを使っていくことで症状の再発をしないための健康な体作りのサポートを致します。お身体のことで悩んでいる方は、一度ご相談にいらしてください。

[blogcard url=”https://wp.me/p9F9O1-jP″]

 

著者について

tanaka

tanaka administrator

コメントを残す