七夕ー湘南ひらつか七夕まつりー

七夕ー湘南ひらつか七夕まつりー

こんにちは!
暑い日が続きますね😅
少し前になりますが、皆様七夕にはお願い事しましたか?
七夕って雨が降るイメージが何となくあるのですが、今年は晴れましたね!
しかも猛暑でした☀️

私は平塚で開催されている🎋湘南ひらつか七夕まつりに、今年初めて行ってまいりました!関東3大七夕祭りの一つだそうです!

想像を超えた規模のお祭りに驚きです😳



大きな七夕飾りが商店街の中央をズラ〜っと並んでいて、それはもう華やかでした!しかも下のヒラヒラとした飾りが触れるほど近いんです!肩車をしてもらっていたお子さんも嬉しそうでしたね〜☺️
浴衣を着ていたので断念しましたが、カメラ持って行けば良かったなぁ〜と後悔しております😣

出店もお飾りの両脇にあったり、大通りを閉鎖して並んでいたり
なんでも約400店あるとか…😳✨ 大人も目が輝いてしまいますね〜

七夕の起源には多くの説があるようですが
・棚機女(たなばたつめ)と呼ばれた乙女が、着物を織って棚にそなえ秋の豊作を祈ったり、人々の汚れをはらう古い日本の禊ぎがあり
その際使われていたものが棚機(たなばた)という織機だった。
・裁縫の仕事を主る琴座のベガ:織女(しゅくじょ)星と農業を主る鷲座のアルタイル:牽牛(けんぎゅう)星があり
旧暦7月7日に天の川を挟んで最も輝いて見えることから、中国ではめぐりあいの日と考えられた。
・中国では織女星にあやかって、はた織りや裁縫が上達するように
庭先の祭壇に針などを供えて星に祈りを捧げる風習があった。
やがてはた織りだけでなく、芸事や書道などの上達も願うようになり乞巧奠(きこうでん)というものになった。

日本の七夕は、この3つの行事があわっさたものといわれています。
中国の文化も混ざっていたんですね〜😄
また、雨が降ると会えないと言う説もあれば、雨は織り姫のうれし涙と言う説、さらには2人が会うと病が流行ると言う説まであります
いやー、面白い。

日本には数多くのお祭りがあり、その地域の風習や文化があります。
私は今まで出店にしか興味がありませんでしたが(笑) 調べてみると面白いですね!
これから秋にかけて様々なお祭りが開催されますが、由来を知って行くとまた違った楽しみ方が出来るかも知れませんね!
皆様も暑さにはお気をつけて、楽しんでください
楽しみすぎて甘いものばかりはだめですよ〜😁🍧🍡
食べたら治療を受けにいらしてくださいね😉

著者について

松下

松下 administrator

コメントを残す