三寒四温

三寒四温

最近は…
三寒四温。。。すっかりめいてきたり、またに戻ったり、そしてやっぱりに近づいていく・・・。
この時期天候が行ったり来たり〜こころも不安定になりがちだったり・・・。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか〜〜
鍼灸の考え方でもある東洋医学でいうと、という季節は『(もく)』に関係します。
春になると草木の新陳代謝が活発になり生長するように、自然界のすべてのもの…わたしたち人間も同じく新陳代謝が活発になります。そして、ちぢこまっていた寒い冬に溜まってしまった老廃物を体の外に出そうとします。
このように老廃物を捨てようとする春の体の活動と深く関わっているのが、『』になります。
『肝』は、春の草木のように『のびやかな状態』が好きです。
なので、のびやかに出来ないととてもストレスを感じてしまい、それがもとで肝の機能が低下して、消化器系の調子が悪くなったり、疲れやすくなったり、イライラしたり、憂鬱になったりというように体の調子が悪くなってしまいます。
また『肝』はとのつながりが強いので、電子機器などで目を疲れさせてしまうと肝の調子が悪くなり、先ほどのような不快な症状が出やすくなります。
この春から、新生活をスタートさせる方も多いかと思いますが、この時期はストレスや不安を感じやすいので、あまり無理をしないで快適にすごすことをお勧めします。
とは言え、お仕事で大変な方も多いかと思いますので、できたら夜お休みになる間際まで目を使いすぎるということを、ちょっと控えるとよいかなぁと思います。
は『スタートの時期』!
この、みなさんは何をはじめますか〜〜?
くれぐれも無理をしなように、どうぞ快適にお過ごし下さい〜〜
かね

著者について

tanaka

tanaka administrator

コメントを残す