スタッフ余談シリーズ4 by ワダ

スタッフ余談シリーズ4 by ワダ

はじめまして。鍼灸師の和田です。
毎日暑い日が続きますね。
暑さで体が怠くなったり、なかなかやる気が出ないで過ごしてしまうといったこともあると思います。
そんな時は、深呼吸をして気分転換をはかってみるのも良いかと思います。
最近、通い始めたヨガ教室。
ヨガでの呼吸法は、調気法と言われ生命エネルギーである『気(プラーナ)』をコントロールします。この『気(プラーナ)』が生命の中でうまく働かなくなると早く老化したり、病気になったりするそうです。
深呼吸をする時は
『鼻から大きく息を吸って、ゆっくり吐く』といったものですが、
この時に意識をするのが 『3つのバンダ』です。
バンダとは締めるとか閉じるという意味です。
1:ムーラ・バンダ
2:ウディーヤーナ・バンダ
3:ジャーランダラ・バンダ
ムーラとは会陰部や肛門のこと
ウディーヤーナとは下腹部(お臍の下)を引き上げること
ジャーランダラとは喉のこと
つまり
1:肛門を引き締め
2:下腹部から内臓を背骨の方に引き上げ
3:顎をひいて喉を引き締める
特に肛門を引き締める時は、お尻の筋肉に力を入れるのではなく、肛門の穴だけを閉じるようにすると良いみたいです→慣れるまで意外と難しい(^^;)
この3つのバンダで身体に蓋をすることで、大地からの生命エネルギーを取り込んで、身体中に巡らしていくことができるみたいです。
実際に呼吸法をしたあとは、頭がすっきりして集中力が高まる気がします。
お時間がある時に、3つのバンダを意識して深呼吸をしてみてはいかかでしょうか。

著者について

tanaka

tanaka administrator

コメントを残す